what's X

電通クリエーティブXの「リアル」を届ける

CATEGORY

2021年4月に入社した新卒メンバー12名のうち、2023新卒採用の募集職種であるプロダクションマネージャーは9名います。今回、それぞれが入社からこれまでを振り返る「一問一答インタビュー」を公開します!

入社してから一番うれしかったことは?

会いたい人に会えたことです。クロスに入社を決めてから、この業界で頑張るための目標として、いつか好きなアーティストと仕事をすることを強く思い描いていました。

一見華やかな広告業界で働いてみると、地道で繊細な作業の連続です。自分の目標を叶えるためには、相応の努力をして能力が認められるようになってからが勝負だと意気込んでいました。

一方、クロスは「好きなものは?」「何かのオタクになりなさい」と、“好き”を掘り下げ、肯定してくれる会社です。研修を終え現場での仕事をスタートした頃、幸運なことに好きなアーティストが出演する案件に加えてもらいました。

その案件では、私の意見が制作に反映される機会も多くありました。“好き=豊富な知識”と信じてくださり、「西尾さんならどうする?」と意見を汲み取ってもらえる環境に恵まれたことで、一年目ながらに「発信」すること、「発言」することの大切さを実感しました。

これからも自分の”好き”と感性を一層伸ばして、制作の仕事に携わっていきたいです。

「成長した!」と思える部分は?

人と一緒に仕事をする意識が大きく芽生えました。きっかけは、“伝言ゲーム”です。

プロダクションマネージャーが担う仕事の要であり最も難しいことは、人から人へ業務の進行や意図を伝える“伝言ゲーム”だと知りました。大勢のスタッフが携わり、制作に取り組む中で、一つのゴールに向かって全員を進行させるべく、日々コミュニケーションを図る先輩たちに圧倒される毎日です。

この“伝言ゲーム”の難しいところは、聞いたままを伝えるだけでは齟齬が生まれてしまうことです。どの情報を、誰に、どんな言葉で伝えることが適切か、常に精査し再構築する必要があると知りました。

人と一緒に仕事をすることは、“伝言ゲーム”を正確に伝え続けることだと思います。それは情報だけでなく、熱量も同じように伝えなければならないと教わりました。

​​​​​​​温度感、空気感、スピード感……トレンドや目に見える事象だけでなく、至る所にアンテナを張り巡らせ、察知し、伝えていける人に成長していければと思っています。

今後の目標や抱負をお願いします

好きを追求する力は同期の誰にも負けません。

考えを発信することの大切さ、伝言ゲームの難しさを一年目で経験した上で、この仕事は“好きを追求すること”が仕事に繋がる環境なんだと感じています。

ロケ候補地を探す、衣装を探す、資料をまとめる、スタッフへ連絡する……それぞれ地道な業務であり、バラバラなピースのように感じていました。しかし、一貫してその先に相手がいるという意識が、この仕事において大切な“おもてなしの精神”につながると学びました。

今は、作品やキャスト、スタッフに対する”好き”の熱量と、私が持つ情報のストック量は比例していることに気づき、地道で、繊細な業務一つひとつを“好き”という感情がつなげている感覚です。

2年目は一層アンテナを張り、興味の範囲を広げることを意識していきます。「〇〇といえば西尾に聞こう!」と、いろいろな人に思い出してもらえるよう、目の前の仕事に誠心誠意向き合い、一つずつ”好き”を見つけ、増やしていきたいです。

※本記事掲載の情報は、公開日時点のものです。

採用情報はこちら
前の記事 TOPページ 次の記事