what's X

電通クリエーティブXの「リアル」を届ける

CATEGORY

2021年4月に入社した新卒メンバー12名のうち、2023新卒採用の募集職種であるプロダクションマネージャーは9名います。今回、それぞれが入社からこれまでを振り返る「一問一答インタビュー」を公開します!

入社してから一番うれしかったことは?

「国際的なスポーツイベントに関われたこと」です。

研修が終わり現場に配属されて、一番最初に携わったのが国際スポーツイベントの案件でした。初めてのことばかりで、右も左もわからず無我夢中でしたが、私以上に忙しいであろう先輩たちが一つひとつの作業を丁寧に教えてくださり、この人たちと一緒に一つのものを作れることが嬉しいと思える日々を送ることができました。

「日本に来てよかった」と選手たちに思ってもらえるように、最後まで工夫を凝らし、心に響くものを作ろうとしている姿に刺激を受けました。​​​​​​そんな素敵なメンバーの一人として、少しでも貢献できていれば嬉しいです。

「成長した!」と思える部分は?

「いろいろなことにアンテナを張るようになったこと」です。日頃から好奇心は旺盛なほうですが、この仕事を通して、その範囲が広がったように思います。

「最近バズっている映像」、「最近人気があるお菓子」、「Instagramで話題のお弁当」など、自分の好きなもの以外にも、日常に転がっていることに目を向けてみたり、一緒に仕事をする人の好きなものや苦手なものなども知りたいと思うようになりました。電車に乗っている時、「こんな広告あったんだ!」とよく周りを見るようにもなったと思います。

それでも、まだまだ先輩たちの知識量に及びませんが、これからも自分のアイデアストックをコツコツと増やしていければいいなと思います。

今後の目標や抱負をお願いします

「自分でよく考えて答えを出すこと」と「自分の強みを知ること」です。

この1年は受け身で学ぶことが多く、先輩たちに教えてもらいながら仕事をすることがほとんどでした。これからは1年目で吸収したことを活かしつつ、自分自身でも考えて、「もっとこうしたほうがいいのでは」と提案できるようになりたいと思います。

そのためにも、今後も変わらず吸収できることはたくさん吸収していきたいですし、これだけは負けないという自分の強みを見つけたいです。

今のところ、撮影に行くのが大好きなので、まずは“現場で力を発揮できる人材”をめざそうと思っています。そして、他のことにも目を向け、自分の強みを見つけて伸ばしていきたいです。

※本記事掲載の情報は、公開日時点のものです。

採用情報はこちら
前の記事 TOPページ 次の記事