what's X

電通クリエーティブXの「リアル」を届ける

CATEGORY

クロスには2020年度新卒社員として12名が入社しました。入社から約7ヵ月が経った今、プロダクションマネージャー4名とディレクター1名に、就活からこれまでを座談会形式で振り返ってもらい、その様子を前編と後編の2回に分けてお届けします。前編では、就職活動や入社式、オンライン研修、同期の雰囲気をテーマに語っていました。

髙橋 諄成(たかはし・あつなり)|プロダクションマネージャー

髙橋 諄成(たかはし・あつなり)|プロダクションマネージャー

2020年4月入社。情報コミュニケーション学部出身。学生時代はテニスとピアノを10年間続ける。

武井 咲華(たけい・えみか)|ディレクター

武井 咲華(たけい・えみか)|ディレクター

2020年4月入社。文学部出身。学生時代はサウナにハマり、熊本にあるサウナの聖地まで巡礼。

中里 有沙(なかざと・ありさ)|プロダクションマネージャー

中里 有沙(なかざと・ありさ)|プロダクションマネージャー

2020年4月入社。美術学部出身。幼い見た目とは裏腹に、友だちからお母さんと呼ばれるほど面倒見がいい。

南口 絢(なんこう・あや)|プロダクションマネージャー

南口 絢(なんこう・あや)|プロダクションマネージャー

2020年4月入社。文学部出身。登山や乗馬、トランポリンなどのアクティブな遊びが好き。

山内 健太郎(やまうち・けんたろう)|プロダクションマネージャー

山内 健太郎(やまうち・けんたろう)|プロダクションマネージャー

2020年4月入社。法学部出身。友だちから「結局のところナルシストだよね」と言われる。

就職活動で大切にしていたこと

南口:大学生の時、フリーペーパーを作っていたんですけど、ぼんやりと映像に興味がありました。私の性格からして、趣味にしようとしても腰が重くて作らないと思ったので、だったら仕事にしちゃえと、いろいろな映像制作会社の選考を受けました(笑)。クロスの面接官の皆さんはフレンドリーで、エネルギッシュな感じが好印象で入社の決め手になりました。

髙橋:大学の授業で演劇をつくったり、TVディレクターの講義を受ける中で少しずつモノづくりに興味を持ち始めました。仕事は人生の大半を占めると考えたときに「ルーティンワークよりは毎日違う仕事がしたい」「せっかくなら自分がやりたいこと、自分が楽しめることをやりたい」と思って就職活動を進めました。広告業界に絞らず、人の目に触れるアイデア勝負なことが好きなので、出版業界、テレビ業界、映画業界と幅広く受けて、内定をもらえた会社に行こうという感じでした。

髙橋 諄成|プロダクションマネージャー

中里:私は美大で映像をつくっていました。企画をイチから考えて、オーディションからキャストの決定、撮影・編集まで、映像制作の全過程を一人でこなしていました。最初は映画配給会社の説明会に行ったんですけど、思い描いていた仕事と少し違うと思って、すぐにCM制作会社へシフトチェンジしました。クロスの面接は形式的な質問があまりなくて、とにかく私が好きなことばかりを話していた記憶しかなくて、楽しかったです。

山内:自分は“表現すること”や“表現物をつくる場所・人”が好きです。表現物をつくる中で全体をオーガナイズして、整理して、前に進めていくのが自分の性格に合っていると思っています。だから、広告以外のほかにレジャー業界や商社なんかも受けていました。みんなと似たような感想になるんですけど、クロスの面接官の方は話をよく聞いてくれるイメージがあります。

武井:私は最初、出版社を志望していました。出版業界の話を聞くために就活イベントに参加した時、クロスのブースにも立ち寄ったのがターニングポイントになりましたね。「ディレクターは未経験でもエントリーできる」と人事の方がおっしゃっていて、大学で広告の授業が多かったこともあり、ディレクターという仕事が選択肢のひとつになりました。クロスの選考は自分を出し切れている感覚があり、選考のたびに志望度が少しずつ上がっていきました。実技試験では脳みそが燃えるくらい頭を使いました(笑)。

武井 咲華|ディレクター

入社式&オンライン研修

山内:入社式は、東京本社と関西オフィスをテレビ中継でつないで開催されました。入社式が終わった後は、PCやスマホ、入館証をもらって、必要書類を渡して、勤怠システムとか最低限のことを教えてもらって、短時間で解散しました。

南口:今思うと、コロナ対策が徹底された入社式だったなって思います。

武井:私だけ関西オフィスから参加したんですが、画面の向こうから名前を呼ばれて「はい!」って応える姿は、外から見たらシュールな光景だったと思います。

一同:(笑)

山内 健太郎|プロダクションマネージャー

髙橋:昨年9月の内定式で東京本社に集まった後、2月に予定されていた内定者交流会も中止になって、入社式までしばらくリアルで会えませんでした。そのままオンライン研修が始まったので、緊急事態宣言が明けてオフィスで久しぶりに会った時は「あれ、こんなに背が高かったっけ」みたいな変な感じでしたね(笑)。

武井:私はオンライン研修になったことで、上京の出鼻をくじかれた感がすごかったですね。「やったるぞー!」って気持ちをどこにぶつければいいのか分からなくなりました。

山内:昨年まで研修期間は1ヵ月半だったそうなんですが、自分たちは3ヵ月間ありました。4月は社内ルールやマナー、広告制作の基本を学んで、5月中旬以降は少しでも即戦力として成長できるように、どんな研修内容にすれば良いのか、どうすれば自分たちが面白く学べるかを人事の方が試行錯誤されていました。

南口:3ヵ月間と長期間だった分、実践的な課題を通して現場ですぐに役立つスキルや知識をしっかり身につけられました。トレーナーの先輩に「こんなことまで出来るの? 研修で教えてもらったの? いいなー!」って驚かれました。

中里:IllustratorやPhotoshopなどのデザインソフトや、動画編集で使うPremiereもイチから学べました。外部講師のオンライン研修もあったんですけど、対面と違って動画を見返すことができるので、つまづくことも全然なかったですね。

南口 絢|プロダクションマネージャー

同期の雰囲気

武井:広告業界を志望した人たちの集まりだからかもしれませんが、みんな言語化するのが上手だなと思います。研修中に感想を求められたときや、これからの目標を発表するときも、コメントにいちいちオチがありますし、感情の部分を表現するのが上手いです。研修中も刺激になったし、Zoom飲み会でみんなの面白い部分を引き出すのが楽しかったです。

山内:一人として似たような人がいないですね。一人ひとりの個性が被っていないというか、個性とチームワークがうまく調和されているというか。真面目に、元気にやれるタイプの人たちだと思います。

髙橋:空気感がいいですね。それと、みんな責任感があります。研修中はサボらないけど、はっちゃける時ははっちゃけるし、みんなで助け合えるので、それぞれがポジティブな影響を受けていると思います。

南口:お互いを上に引き上げ合うチームです。いい意味でさぼれない、ちゃんと頑張らなきゃって気持ちにさせてくれます。オンライン研修のグループワークでは、みんな積極性があって自然に「私、これやるわ」みたいに自分の役割を見つけますし、リアルで会えなかったけど団結して頑張ろうって雰囲気がありました。

中里:南口さんの話とつながるんですけど、人事の方が出した課題に対して「別にやんなくていいじゃん」みたいな人が一人もいなかった。素直な人ばかりですね(笑)。課題から得られることを得て、上に伸ばしていく力をみんな持っていると思います。研修期間中は、私からみんなに声をかけて、週1回くらいのペースでオンライン飲みをしていました(笑)。

中里 有沙|プロダクションマネージャー

最後に、新卒社員が2チームに分かれて研修後に制作した新卒社員紹介ポスターをご紹介します。

新卒社員紹介ポスター

後編の記事はこちら

※本記事掲載の情報は、公開日時点のものです。

採用情報はこちら
前の記事 TOPページ 次の記事