what's X

電通クリエーティブXの「リアル」を届ける

CATEGORY
  • 社員に子どもが生まれたら
    “銀のスプーン”を贈って
    みんなでお祝い

    2020.1.27

クロスでは、2017年から年に一度、育児支援の一環として、子どもが生まれた社員にお子さまのイニシャルを刻印した“銀のスプーン”を贈っています。

なぜ銀のスプーンなのかというと、西洋では昔から「銀のスプーンをくわえて産まれてきた赤ちゃんは幸せになる」という言い伝えがあり、赤ちゃんの幸せを願い、銀のスプーンを贈る習慣が今でも受け継がれています。

銀のスプーンの製作は、明治13年(1880年)に創業し、銀座に本店を構える宮本商行さんにお願いしています。

2018年からは“みんなで参加、みんなでお祝い”をコンセプトに、多くの社員が集まる全社総会で社長から手渡しで贈られます。今回は、対象社員が17名の大人数ということもあり、対象社員を代表してプロダクションマネージャー・下山が、社長から銀のスプーンを受け取りました。

銀のスプーン贈呈は「社員とその家族を大切にする、クロスならではのカルチャー」のひとつとして、これからも続けていきます。

※掲載されている情報は、公開日時点のものです。

採用情報はこちら
前の記事 TOPページ 次の記事